このエントリーをはてなブックマークに追加
Topics
医療機関と痛風の症状改善方法

こんな症状の場合はすぐにお近くの医療機関へ(心筋梗塞)

心筋梗塞の症状は、呼吸困難や冷や汗を伴う激しい胸痛を引き起こします。
このような場合はすぐにお近くの医療機関に受診することをおすすめします。
緊急の場合は救急車を呼んでも構いません。対応が早ければ早いほど、救命できる確率は高くなります。
心筋梗塞は、心臓に血液を送る冠動脈に血栓が詰まって、心臓に血がまわらなくなり心臓自体が最悪の場合、壊死しとまってしまいます。
治療は薬物療法、内科的手術、外科的手術などがあります。
薬物療法は血栓を溶かす薬を使用し、詰まりを改善する方法です。
内科的手術の場合は、鼠径部の動脈や上腕の動脈からカテーテルと呼ばれる細い管とそれを導くワイヤーを挿入します。
そして血管が詰まっているところで、風船のようなものを膨らませて圧迫し詰まりを改善します。
再度詰まるのを防ぐために、ステントと呼ばれる金属製の筒を留置する場合もあります。
手術後は患者さんにより個人差はありますが大体3、4日程度で退院できるようになります。


詰まっている血管が複数ある場合等は外科的手術の対象となり、冠動脈バイパス手術という手術を行います。
冠動脈バイパス手術は、その名前のとおり詰まっている血管とは別に血管をつくり血が通るようにします。
自分の胸部の血管や人工血管を使用してバイパスをつくります。
開胸して行うかなり大きな手術となるため、患者の体への負担も大きくなります。
内科的手術と比べるとかなり長い期間の入院が必要となります。

イチオシサイト

Copyright (C)2019医療機関と痛風の症状改善方法.All rights reserved.