このエントリーをはてなブックマークに追加
Topics
医療機関と痛風の症状改善方法

精神疾患の医療現場と症状改善法

私は精神疾患という病気だと7年前に診断されました、実際は、もっと前からなのかも知れないです。
医療機関には定期的に通っていますが、薬だけでは、際立った改善は見れないです。
治ったり、悪くなったりの一進一退の状態が続いています。
症状は割と重く、統合失調症が強いということです。
原因はさまざまであり、何が原因だと断定することは難しいです。
とにかく、精神疾患になるようなショッキングな出来事、高度なストレス、緊張感が複雑に絡んで、頭が混線状態になったのではないかと思います。
症状はいろいろありますが、頭の回転が遅くなったり、思考が途切れる疎通性の障害という症状になったり、物を考えると頭が痛くなったりとさまざまです。
私も精神的に負担が架らないように考え方をポジティブにしたり、綺麗なことを考えたりと精神療法を取り入れるなど工夫はしています。


それでも薬を飲まないと頭が朦朧とし、船酔いのような状態となってしまい、日常生活に支障を来たします。
いつも夕方ごろになると頭が固くなり、回転が悪くなります。
あまり、考え事を抱え込むと頭が再び混戦状態となり、思考がしにくくなるという症状がでます。
常日頃、自分に合った治療法というものを考えるべきだと思います。
私の場合はジョギングやマラソンなどをして、心のストレッチをしています。
悩み事もなるべく他人に打ち明けるようにしています。
相談事をいろいろな人に聞いてもらうというのが大事な治療法だと思います。

Copyright (C)2019医療機関と痛風の症状改善方法.All rights reserved.